7月28日

豊中市の吉水さんが10ー14cmのアジを100尾と 18ー20cmのサバを6尾釣りました。
釣り方:サビキ釣り、竿:3.0m、鈎:ピンクスキン1号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。
今日は朝から夏休み子供サビキつり大会が開催され、沢山の子供達がサビキで釣れた魚の重量を競い合いました。
開園後すぐに釣り場全体でアジが釣れ始め、豆アジや小サバも時折混じって釣り上げられています。
全体ではアジ10ー17cmを合計3700尾、マメアジ6ー8cmを合計700尾、サバ18ー23cmを合計100尾、チヌ30ー50cmを合計3尾、ウミタナゴ22cmを合計1尾、サゴシ21cmを合計1尾、ハネ41ー50cmを合計2尾。
明日は台風12号の接近に伴い終日臨時閉園となります。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。


7月27日

京都市の上田さんが10ー17cmのアジを50尾と6ー8cmの豆アジを30尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.6m、鈎:ピンクスキン1号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き東側でした。今日もサビキ釣りが絶好調の魚つり公園。昨日と同じく昼から大きな小アジの群れが接岸したようでやればやっただけアジの釣果が増える嬉しい状況となっています。この好調が台風通過後もずっと続いてくれるといいのですが・・・落とし込みではチヌ、アジのノマセ釣りでハネ、エビ撒き釣りではセイゴの釣果。全体ではアジ10ー17cmを合計 650尾、マメアジ6ー8cmを合計300尾、サゴシ20ー25cmを合計2尾、ウミタナゴ20cmを合計1尾、チヌ30ー51cmを合計7尾、セイゴ34cmを合計1尾、ハネ56cmを合計1尾。


7月26日

箕面市の上中さんが10ー14cmのアジを130尾と5ー8cmの豆アジを70尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.1m、鈎:ピンクスキン.08号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした 今日は朝から回遊魚の群れが接岸してきており、豆アジ、小アジ、小サバが猛烈に釣れています。 昼以降も勢いはまったく衰えず小アジの群れは増す一方。 仕掛けを落とせば小アジが3連、4連で釣り上げられていくので 皆さんのクーラーはあっという間にお魚で一杯になっていました。 ノマセ釣りでは今日もハネとスズキが釣れていましたよ。全体ではコアジ10ー14cmを1000尾、マメアジ5−8cmを1200尾、サバ21ー23cmを100尾、サッパ14ー18cmを10尾、サゴシ21ー23cmを4尾、チヌ30ー50cmを9尾、ウミタナゴ22ー23cmを4尾、ハネ53ー54cmを2尾、スズキ72cmを1尾。


7月25日

豊中市の船曵さんが2人で7ー13cmのアジを100尾と18ー23cmのサバを20尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.1m、鈎:市販サビキ3号、棚:3ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き中央でした。朝からたくさんの子供たちで賑わってます。昨日は悪かった釣果ですが、小魚の群れが入って来たのか?今日は復活!朝から2〜3時間程は豆アジが中心でしたが、その後は小アジと小サバが順調に釣れてます。お昼にはペースダウンしますが、夕方には再び時合いがあると思われます。他にもウミタナゴや30cm近くまで成長したサゴシなどで引きを楽しめますよ〜!全体ではアジ10ー14cmを合計450尾、マメアジ5ー8cmを合計700尾、サバ18ー26cmを合計200尾、サゴシ20ー27cmを合計5尾、セイゴ12ー14cmを合計10尾、ウミタナゴ25cmを合計1尾。


7月23日

川西市の吉川さんが5ー13cmのアジを15尾と17ー19cmのサバを10尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.6m、鈎:サビキ4号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き中央でした。今日から8月末までの夏休み期間の火曜日は休まず営業いたします。そんな火曜日営業最初の日となった今日も猛烈な暑さです・・・。午前中は釣り場のどこでもポツリポツリといった釣れ方でしたが昼以降は沖向き東端で小アジが入れ掛りの状態になっていました。エサの確保が課題となりますが現在落とし込みのチヌ狙いも好調ですよ。全体ではアジ5ー13cmを400尾、サバ16ー20cmを40尾、チヌ34ー50cmを4尾。


7月23日

奈良市のきよまさ君・ばんり君の2人が12ー15cmのアジを90尾と6ー8cmの豆アジを60尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.6m、鈎:ピンク1号、棚:3ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き東側でした。釣り場西側では豆アジ、サバ、小アジが釣れていますが昨日今日と釣り場東端で特に小アジが集中して釣れています。よく釣れているときに掛かるとやっかいなのがボラですよね。最近は特にボラの活性が高くサビキ仕掛けを切られたり置き竿にしていて竿ごと持っていかれることも多いです。サビキ仕掛けやアミカゴは余分めに持っていきましょう全体ではアジ11ー17cmを合計700尾、マメアジ5ー7cmを合計350尾、サバ13ー19cmを合計450尾、サッパ12ー19cmを合計200尾、サゴシ15ー20cmを合計7尾、チヌ30cmを合計1尾、サヨリ22ー28 cmを合計12尾。


7月22日

今日は大阪市の吉田さん他1名が10ー15cmのアジを70尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.65m、鈎:市販サビキ3号、棚:3ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今朝は開園から10時くらいまでは釣れても連続して釣れ続かなかったようで接岸してきた回遊魚の群れ自体が小さかったようですね。こんな時には回ってきた時に魚をいかに自分の足元に足止め出来るかで釣果が大きく変わってしまいます。アミエビを切らさず撒いてアジを留められた人ではアジを100尾以上釣られている人もいましたよ。
全体では、アジ10ー18cmを800尾、サバ13ー18cmを500尾、サッパ13ー17cmを100尾、サゴシ15ー28cmを10尾、サヨリ25ー29cmを3尾、セイゴ15ー17cmを5尾。


7月21日

長岡京市の北原さん他1名が12ー15cmをのアジを20尾と14ー20cmをのサバを60尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.1m、釣:3号、棚:3ヒロ、エサはアミエビで場所は外向き西側でした。本日もアジとサバは早朝から絶好調、開園後すぐは豆アジの群れが釣り人をお出迎えしばらくして豆アジが消えると今度は15cmを程の小アジが釣れ出します。
小アジが釣れなくなってきたな〜と思ってきた頃に今度はサバの群れが入れ替わりで入り釣り場の釣果はほぼサバ一色という感じになりました。昼以降サバ9:1アジといった比率で釣れています。全体ではアジ12ー18cmを650尾。マメアジ7ー10cmを350尾。サバ13ー22cmを1100尾。チヌ39ー49cmを6尾。セイゴ30ー30cmを3尾。スズキ68cmを1尾。


7月20日

枚方市の佐々木さんら他1人が14ー20cmのサバを90尾と10ー13cmのアジを50尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.4m、釣:2号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き中央でした。今日は開園から1時間ぐらい経ってから魚の群れが来たようで、西側では豆アジが多く東側では小アジサイズが多く釣れていたようです。明日から待望の夏休みですね。釣りをしたことが無いという人には連日好釣果が続いているのでぜひこの機会に釣りの楽しさを知ってもらいたいです。全体ではアジ10ー13cmを合計150尾、マメアジ6ー8cmを合計500尾、サバ14ー20cmを合計450尾、ウミタナゴ22cmを合計1尾、サヨリ28ー30cmを合計2尾、セイゴ30ー39cmを合計4尾。


7月19日

高槻市の小浦様さんが13ー20cmのサバを80尾と23cmのウミタナゴを1尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:4.5m、釣:2号、棚:3ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き中央でした。連日猛暑が続いています。日焼け熱中症対策は万全にお願いします。アジは早朝、サバは1日通して釣れ続けています。豆アジの比率が増えてきましたがサバは逆に日々サイズが大きくなってますね。サバは横に走る回る上に大きくなると力も強くなる為掛かると直ぐにリールを巻かないと仕掛けをグチャグチャにされます。特に置き竿には気を付けてくださいね。全体ではサバ14ー20cmを合計550尾、アジ10ー13cmを合計100尾、マメアジ5ー7cmを合計150尾、ウミタナゴ18ー26cmを合計19尾、サヨリ25ー30cmを合計8尾、チヌ25ー48cmを合計5尾、スズキ69cmを合計1尾。


7月18日

寝屋川市の坂さんら3人で13ー18cmのサバを70尾と8−12cmのアジを20尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.8m、鈎:市販サビキ2号、棚:3ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西でした。今日も小サバと豆アジは順調に釣れてます。朝の時合いを過ぎるとほとんど小サバになりますが飽きない程度に掛ってきます。ズボ釣りで思わぬ高級魚!サンバソウが上がりました。この時期にしては良型で、刺身でもいけそうです。本格的なシーズンは秋ですが、ズボ竿1本持参で試してみるのもおもしろそうです。エサはアオイソメで柱の際を狙って見て下さい!全体でアジ 7ー16cmを合計200尾、サバ12ー18cmを合計600尾、チヌ36ー47cmを合計4尾、ハネ43ー57cmを合計3尾、セイゴ36cmを合計1尾、サンバソウ23cmを合計1尾、サヨリ26ー30cmを合計10尾、ウミタナゴ21ー25cmを合計8尾。


7月16日

長岡京市の村上さんがサバ13ー18cmを90尾、アジ10ー14cmを15尾釣られました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.8m、釣:ピンクスキン3号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今日は開園後200分で入場制限が掛かるほど沢山の人で賑わいました。早朝から来園された皆さんは今日の釣果に満足されたと思いますが、午後からは少し群れが離れてしまった事から、昼前から来られたお客様には物足りない釣果になったかも。連日30度を超える猛暑となっています。熱中症にならないよう小マネな水分補給と休憩をお願いします。全体では サバ13ー20cmを2500尾、アジ10ー14cmを1100尾、サゴシ14ー20cmを40尾、サッパ13ー18cmを20尾、コノシロ25cmを1尾、ウミタナゴ22ー22cmを2尾、サヨリ25ー30cmを6尾、ハネ45cmを1尾。


7月15日

長岡京市の村上さんがサバ13ー18cmを100尾、アジ10ー13cmを20尾釣られました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.1m、釣:ピンクスキン1号、棚:5ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今朝は5時30分に入場制限が掛かりました。開園間もなくサバとアジ、その後はサバがメインで釣れてますが、数を釣りたいなら早朝釣行がお勧めです!昨夜、閉園後の巡回時に水面をライトで照らすと良型サヨリの群れを発見!明日誰かサヨリしないかな…。と思ってたらさっそく今年最初のサヨリが釣れましたね!釣りものが増えて嬉しいですね〜。全体では サバ12ー20cmを4000尾、アジ10ー17cmを550尾、ウミタナゴ20ー23cmを12尾、コノシロ23ー30cmを12尾、サヨリ27ー27cmを2尾、セイゴ39cmを1尾、スズキ62ー68cmを2尾。


7月14日

伊丹市の船木さんが10ー18cmのサバを130尾と10ー16cmのアジを25尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:3m、釣:ピンクスキン3号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。サビキ釣りが連日爆釣で釣り場は大賑わい!サビキ仕掛けに3連4連で掛かってくるのは当たり前。逆に1尾だけで掛かってくるほうが少ないくらいなので相当大きな群れが当公園に入ってきていますね〜!今日は30cmの大アジの姿も確認。またサビキで釣れたアジの泳がせ釣りで77cmのスズキが釣れていました!尼崎つり公園はただ今絶好調です!全体ではサバ10ー18cmを合計4000尾、アジ10ー30cmを合計350尾、サッパ12ー20cmを合計150尾、コノシロ23ー30cmを合計2尾、ウミタナゴ22cmを合計1尾、セイゴ38ー40cmを合計2尾、ハネ43ー55cmを合計4尾、スズキ77cmを合計1尾。


7月13日

尼崎市の広瀬さんが10ー16cmのアジを66尾と12ー18cmのサバを50尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:3.2m、釣:ピンクスキン4号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。早朝はアジ、サバが釣れていましたが時間が経つとサバの割合が増えてきました。午前中には23cmの良型アジも!また今日もアジのノマセ釣りでハネが釣れていました。ここ最近はやればやっただけ数が釣れてしまいます。なので魚を持ち帰るつもりの人は帰宅して魚の下処理をする手間の事も念頭に置いて持ち帰る量を決めたほうがいいかも。全体ではサバ12ー18cmを合計650尾、アジ10ー16cmを合計330尾、サッパ13ー17cmを合計50尾、ウミタナゴ18ー26cmを合計5尾、アイナメ18cmを合計1尾、チヌ25cmを合計1尾、ハネ43ー48cmを合計3尾。


7月12日

大阪市の斉藤さんが10ー17cmのサバを100尾と9−15cmのアジを20尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.8m、釣:ピンクスキン4号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。昨日は閉園間際までずっと釣れ続けていたサビキ釣り。今日はサバがメインで時折アジ、サッパが混じってます。今日接岸してきたサバは昨日より大きく、皆さん魚の引きを楽しんでおられます。またサビキで釣れた魚を餌にして74cmのスズキの釣果もありました。メインはサビキでアジやサバ。一発大物狙いにノマセ釣りもどうですか?全体ではサバ10ー17cm合計1450尾、サバ10ー17cm20ー100尾、アジ9ー15cm 合計250尾、サッパ12ー17cm 合計60尾、コノシロ29ー30cm 合計2尾、ウミタナゴ22ー24cm 合計3尾、キビレ30ー41cm 合計3尾、セイゴ30ー34cm 合計3尾、ハネ42 cm 合計1尾、スズキ74 cm合計1尾。


7月11日

今日は京都市の谷口さんが8ー13cmのアジを70尾と13ー17cmのサバを50尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.7m、釣:ピンクスキン1号、棚:5ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今日はサビキ釣りは爆釣!!と言っていい釣れ具合ですね。開園から午後3時現在もずーっとアジとサバが3連、4連でサビキ仕掛けに釣れ続けています。また通常アジとサバは遊泳層(タナ)が違っていることが多いのですが今日のアジとサバは同じタナを泳いでいるようで釣れるときはサバとアジが一緒にサビキに掛かってきていました。

全体ではアジ10ー20cmを600尾。サバ12ー17cmを500尾。サッパ12ー15cmを100尾。コノシロ 15ー29cmを80尾。ウミタナゴ21ー24cmを7尾。セイゴ35ー36cmを5尾。チヌ 37ー48cmを6尾。


7月9日

大阪市の谷さんが47ー54cmのハネを2尾と30ー35cmのチヌを3尾釣りました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.1m、釣:グレ6号、ハリス:2.5号、錘:3号、棚:3ヒロ、エサ:シラサエビで場所は外向き西側でした。昨日はアジが多く釣れていましたが今朝はサバが多く、2〜3連で掛かってきます。回遊時間は早朝か夕方が多いようです。釣った魚を冷やさず海水に漬けたままなので白くなってしまった魚をお持ちのお客様を見かけます。回遊魚の傷みが早い魚です。必ず海水に氷とクーラーで氷締めして新鮮な状態で持ち帰ってくださいね全体ではサバ10ー14cmを合計150尾、サッパ12ー18cmを合計30尾、アジ8ー12mを合計10尾、ウミタナゴ19ー24cmを合計9尾、ハネ43ー54cmを合計6尾、セイゴ30ー38cmを合計2尾、チヌ30ー38cmを合計4尾、アイナメ23cmを合計1尾。


7月8日

大阪市の寺地さんが8ー12cmのアジを40尾と18ー24cmのウミタナゴを3尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:3m、釣:ピンク6号、棚:2ヒロ、エサはアミエビで場所は外向き東側でした。海は水潮でミルクティーのように濁っていますが昨日と違ってゴミがあまり浮いていないので釣りをするには問題ありません。またこの濁りも回遊魚にはあまり関係ないようで朝からアジ、サッパ、サバがサビキで釣れていました。チヌは今日も朝から好調!イガイを餌に多い人で10尾。
全体ではチヌ30ー50cmを22尾、キビレ49cmを1尾、アジ8ー12cmを200尾、サッパ15ー18cmを80尾、サバ8ー13cmを20尾、ウミタナゴ18ー24cmを15尾。


7月2日

尼崎市の山崎様が12ー15cmのサバを40尾と10ー13cmのアジを15尾釣られました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.6m、釣:ピンク1号、棚:2,5ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今日も朝からサビキ釣りのお客様で釣り場が賑わっています。やはりサビキで釣れる回遊魚は朝マズメと夕マズメに接岸してくることが多いので5時の開園朝一からがおすすめです。またシラサエビを餌にして20cm程のウミタナゴがよく釣れています。サビキ仕掛けに掛かってくることもありますが今はシラサエビを刺餌に釣るほうに軍配が上がります。全体ではアジ10ー15cmを合計90尾、サバ10ー17cmを合計230尾、イワシ8ー12cmを合計150尾、コノシロ30cmを合計1尾、セイゴ35ー37cmを合計3尾、チヌ28ー45cmを合計3尾、ウミタナゴ18ー24 cmを合計25尾。


7月1日

今日は尼崎市の溜前さんが10ー14cmのアジを60尾と9ー12cmのイワシを40尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:3.9m、釣:ピンク2号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今日から朝5時の開園となります。開園後すぐにサビキでアジを筆頭にサバ、イワシが釣れ出しました。魚の回遊は8時ぐらいまで続いていましたがその後はポツリポツリ釣れる程度。沢山釣果を出している人は、魚が回遊してきたタイミングで撒餌を途切れさせないようにして魚を竿下にうまく足止めしてますよ。

全体ではアジ10ー14cmを250尾、イワシ9ー12cmを250尾、サバ10ー15cmを100尾、サッパ15ー20cmを20尾、コノシロ31cmを1尾、ウミタナゴ20ー20cmを2尾、セイゴ30ー35cmを6尾、チヌ45cmを1尾、アイナメ15ー20cmを4尾。