4月20日

豊中市の小林さんが62cmのスズキを1尾と41ー55cmのハネを6尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:4.6m、ハリ:チヌ2号、ハリス:2号、オモリ:0.5号、棚:4.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。エビ撒きでハネが4ー4.5ヒロのタナで釣れています。スズキは3.5ヒロでのヒット。チヌは落とし込み、エビ撒きどちらも釣果がありエビでは4.5ヒロ、落とし込みではパイプ虫で2ヒロ以内と浅めのタナで釣れていました。例年カタクチが初釣れするのが今頃で一昨年は23日に初釣果がありました。今年もそろそろかな〜。全体ではスズキ62cmを1尾、ハネ41ー55cmを14尾、セイゴ37cmを1尾、チヌ33ー48cmを4尾。


4月19日

西宮市の速水さんが43ー54cmのハネを4尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:チヌ2号、ハリス:1.5号、オモリ:0.5号、棚:4ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。水温が上がってきたせいで、最近ではハネも4ヒロ前後で釣れることが多くなりました。これなら上撒きだけでも大丈夫そうですが、最近朝は二枚潮になったり複雑な潮のことも多く、思った所に撒き餌が届いてくれない事もあります。そんな時でもピンポイントで撒き餌を届けることが出来る底撒きカゴはやはり持っていたほうがいいですね。全体ではハネ43ー59cmを合計15尾、チヌ39cmを合計1尾、ウミタナゴ20cmを合計1尾。


4月18日

伊丹市の井上さんが41ー57cmのハネを9尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、鈎:グレ6号、ハリス:1.7号、オモリ:0.8号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。昨晩降った雨の影響でうっすらと濁っています。荒れたり雨が降ったりで海に変化があると、良くなる時も有れば悪くなる時もあります。今日は朝一から順調に竿が曲がり期待出来そうです。ただアタリは多くあるのですが細かいアタリが多く空振り多発です。そんな状況が昼前まで続きましたが、潮の流れが変わるとピタリとアタリが止まりました。やっぱり潮の動きは重要ですね。全体ではハネ41ー57cmを17尾、 キビレ43cmを1尾。


4月16日

豊中市の角田さんが41ー47cmのハネを4尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:3.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。ここ最近、午前中はいつも2枚潮で皆さんを悩ませています。2枚潮では上層と下層で潮の速さや向きが違ってしまう事からラインやウキが潮に引っ張られてウキにアタリが明確に出なかったり仕掛けが思っていた所に沈まなかったりします。今日はアタリ自体は6〜7回ぐらいはあったようなのでそれほど喰いが悪い訳ではないですけどね〜!全体ではハネ41ー47cmを6尾、チヌ47cmを1尾、ウミタナゴ22ー23cmを2尾。


4月15日

大阪市の西方さんが41cmのハネを1尾と20cmのウミタナゴを1尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:活エビ7号、ハリス:1.5号、オモリ:0.8号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。開園からひどい2枚潮の為に、撒き餌は打ち辛くウキも立ってくれないのでエビ撒きはアタリが取り辛い状況。例年20日を過ぎた頃にカタクチイワシの回遊が見られますが先日、公園近辺でもカタクチイワシの姿が確認されました。サビキで釣れだすのはまだ少し先ですが、今年もGW頃にはサビキ釣りで釣場は賑いそうですね。全体ではハネ41ー45cmを2尾、セイゴ35ー36cmを2尾、チヌ47cmを1尾、ウミタナゴ20cmを1尾。


4月14日

尼崎市の保田様が41ー53 cmのハネを4尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:1.2m、ハリ:活エビ8号、ハリス:2号、オモリ:3号、棚:5.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。午後から雨風が強くなり、体感的にはかなり寒くなってきています。また潮が動かない時間が続いたと思ったら今度は2枚潮になったりと釣り人に難しい状況が続きます。今日はジアイらしい時間はありませんでしたが一日通してポツポツと釣れている感じでした。小さいながら時折カレイが釣れていますね。狙うならゴカイや青イソメ等の虫餌で。全体ではハネ41ー58cmを合計14尾、セイゴ38cmを合計1尾、チヌ40ー49cmを合計4尾、カレイ20cmを合計1尾。


4月13日

神戸市の祐村さんが41ー45cmのハネを4尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.1m、ハリ:チヌ3号、ハリス:3号、オモリ:5号、棚:3.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。期待はしていたものの今朝は昨日のような爆釣とはいきませんでした。とはいえ朝からポツリポツリとハネの釣果は上がっています。また久しぶりにエビ撒きのズボ釣りで70cmUPのスズキの釣果もありました。どちらもタナはこれまでより上がって3〜3.5ヒロ。同様に餌取りのウミタナゴもタナが上がっているようです。全体ではスズキ72cmを1尾、ハネ41ー50cmを9尾、セイゴ26ー39cmを2尾、チヌ47cmを1尾。


4月12日

伊丹市の井上さんが41ー52cmのハネを18尾と32ー38cmのセイゴを5尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:1.7号、オモリ:0.8号、棚:4.5〜5,5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。昨日までとは一転して今日は朝からハネが超高活性モード!!開園〜9時までの間、釣り場スタッフからの釣果報告無線がひっきりなしに送られてきて今年一番のお祭り状態となりました。1人5ー6尾釣れている方も多く昼以降もアタリは続いていました。この状態、明日以降も続いてほしいものです。全体ではハネ41ー57cmを51尾、スズキ65cmを1尾、セイゴ26ー40cmを6尾、チヌ32ー50cmを3尾。


4月11日

神戸市の斎木さんが43ー54cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、ハリ:伊勢尼7号、ハリス:3号、オモリ:4号、棚:5.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。今日は海が荒れ気味、結構掻き回されている状態なのでチヌの警戒心も薄れて活性が高い様子です。岩ガニを餌にした落とし込みでは1.5ヒロぐらいで餌を一気に引っ手繰っていくようなアタリがあるそうですが、潮が速い為に中々思っている所に落ちていってくれないのが問題のようです。柱際で落としていけさえすれば釣果は上がりそうなんですけどね〜全体ではハネ43ー54cmを4尾、チヌ38ー46cmを2尾。


4月9日

大阪市の加古さんが67cmのスズキを1尾と47ー55cmのハネを4尾と35cmのチヌを1尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、鈎:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:4.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。久しぶりに風も弱く穏やかな天気です。先週の大荒れがよかったのか?今日はアタリの数が多くウキが気持ち良く海中に消しこまれて行きます。ただ素バリも多くアワセのタイミングに悩まされます。3月は絶不調だったので、この調子で食いがあがってほしいものです不調のチヌは柱際よりも竿1本くらい前の方が釣れています。全体ではスズキ67cmを合計1尾、ハネ47ー54mを合計9尾、セイゴ30cmを合計1尾、チヌ35cmを合計1尾。


4月8日

尼崎市の中内さんが50ー53cmのハネを2尾と33ー40cmのチヌを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:チヌ2号、ハリス:2号、オモリ:0.5号、棚:底、エサ:シラサエビで場所は内向き西側でした。今日も防寒着を着ないと釣りをしていられないぐらい寒い1日です。とはいえ今日は魚の喰い気が出てきたのかアタリの出方が今までと違いウキがキレイに入る事が多かった様です。そのせいか素バリも少なく釣果も増えたのかも。また釣れていたのは大抵底近くでしたが一番浅い人では3ヒロのタナで釣れていた人もいましたよ。全体ではハネ41ー53cmを6尾、セイゴ18cmを1尾、チヌ33ー40cmを2尾、ウミタナゴ24ー24cmを2尾。


4月7日

池田市の岩橋さんが55cmのハネを1尾釣りました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、ハリ:チヌ3号、ハリス:5号、オモリ:5号、棚:6ヒロ、エサ:青イソメで場所は内向き西側でした。
ハネチヌを狙っても厳しいこの時期ですが、今、底付近にはエサ取りのウミタナゴがいてエサをよく突っついてます。
ならばアタリの少ない魚を狙うのもいいですが、このウミタナゴを狙って釣るのもアリだと思います。
煮付けや一夜干しにすると美味な魚ですし、釣り方は口が小さいので小さ目の胴付バリやサビキを使い、アミエビやオキアミを小さく付けて底付近を狙ってください。


4月6日

吹田市の荒木さんが47cmのハネを1尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:5.4m、ハリ:丸セイゴ13号、ハリス:3号、オモリ:5号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。昨日は午前9時過ぎにハネが続けて2匹釣れていました。今日も同じように9時半過ぎに2尾同時に釣れています。釣れる時はほぼ同じタイミングで釣れることが多いですね。近くで魚が上がったときは特にチャンスタイムだと思ってください。落とし込みでは岩ガニを餌にチヌが1尾釣れていました。アタリは何度かあったようですがほぼ2ヒロだったそうです。全体ではハネ43ー47cmを2尾、チヌ45cmを1尾、ウミタナゴ21cmを1尾。


4月5日

大阪市の水谷さんが42cmのハネを1尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、ハリ:活エビ8号、ハリス:3号、オモリ:6号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。水温は徐々に上がってきていますが
なかなか釣果のほうが上向いてくれませんね〜!釣り場全体を通してアタリの回数自体が少ないので魚の居るタナが判別しにくいせいでもあります。釣果が悪い時ほどタナは重要です。釣れている人やアタリがあった人に自分からタナを聞きにくい時には代わりに聞いてきますので遠慮なくスタッフに話し掛けてくださいね。全体ではハネ42ー46cmを2尾。


4月4日

三島郡の島本さんが20ー25cmのウミタナゴを5尾釣りました。釣り方:フカセ釣り、竿:5.3m、鈎:チヌ1号、ハリス:1.2号、オモリ:5B、棚:6.5ヒロ、エサ:オキアミで場所は内向き西でした。この時期、街中で暖かくても海はまだ風が冷たいので上着1枚多めくらいがお勧めです。釣果の方は相変わらず釣れない状況が続いております。いつもは高確率で釣果を上げる腕利きのベテランさんですら連続ボウズの方が続出です。2〜3連続はあたりまえ、中には1カ月以上ボウズが続いてる方も・・・。金曜日には天候が荒れる様なのでその後の変化に期待しましょう!全体ではウミタナゴ20ー25cmを5尾。


4月1日

尼崎市民の日ということで尼崎市内在住の方の入場は無料とさせていただいております。今日は朝の早い時間にエビ撒きでハネが1尾上がったもののその後は何の音沙汰もなく時間だけが流れていきます。昨日のように夕方前ぐらいから喰い気が出てくれればよいのですが・・・ちなみに朝釣れたハネが口から吐き出したベイトは稚アユだったそうです。全体ではハネ50cmを1尾。