3月31日

大和高田市の栗本さんがウミタナゴ25cmを釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:1.8m、ハリ:チヌ2号、ハリス:2号、オモリ:8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き西側でした。今日は暖かく風もないので絶好の釣り日和なのですが、エビを撒けど誘えど魚のスイッチはなかなか入りません。且つ潮が飛んでいるのでウキはあっという間に流されてしまい、仕掛けが馴染む頃には打ち返さなければいけない厳しい状態。午後になってもハネらしきアタリはなかったのですが、午後3時5分頃に一瞬ジアイがありハネが2尾同時に上がりました。
全体ではハネ46ー46cm2尾、ウミタナゴ20ー25cmを2尾。


3月30日

今日は西宮市の徳留さんが55cmのハネを1尾釣りました。
釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ7号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。 今日は北風に加え、朝は二枚潮もあり釣りづらい状況でした。この時期のエビ撒き釣りはどこもハードモードですが、だからといって撒き餌を減らしたり誘いを入れないでウキを流しているだけだと終日アタリ無しで終わります。撒いて誘ってをずっとやって、やっとアタリが数回あるぐらいです。逆に周りが誰も釣れていない時に釣れると喜びもひとしおなんですけどね。全体ではハネ43ー55cmを5尾。


3月29日

今日は奈良市の中西さんが37cmのセイゴを1尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:4m、ハリ:チヌ1号、ハリス:2号、オモリ:1号棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でしたハネは喰い気が上がらないようで餌を撒けどもなかなか竿に反応はありません。ただ、ウミタナゴは底付近に沢山居そうな感じなのですが口が小さくシラサエビではなかなか針掛かりしません。もしタナゴを狙うのであればサビキの針にアミエビの中から粒の良いものを刺餌として付けるのが一番だと思いますウミタナゴは一夜干しにして食べるととっても美味ですよ!全体ではセイゴ37cmを1尾、ウミタナゴ24ー25cmを2尾。


3月28日

八幡市の榊田さんが52cmのハネを1尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、鈎:グレ5号、ハリス:2号、オモリ:1号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。ポカポカ陽気で春休みと言う事もあり、たくさんの子供さんで賑わってます。ただ残念ながらサビキで簡単に釣れる時期とは違って、ほとんどボウズなので来た時はテンション高めの子供たちも、帰りはガックリです。そんな時は釣り公園1階の釣り堀(有料)が大活躍!子供のテンション再びMAX間違いなしです。全体ではハネ 41ー53cmを9尾、ウミタナゴ 20ー21cmを3尾、タコ 0.3kgを1ハイ。


3月26日

大阪市の加古さんが41ー52cmのハネを5尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ5号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。朝からポカポカ陽気に恵まれていますが遮るものがない釣り場では、風が少しでも出ると途端に寒くなります。釣果は10時半までにハネが全体で8匹釣れていましたがその後は魚の喰い気がなくなってしまったのかパッタリとアタリは止まってしまいました。最近釣れているのは開園後数時間の間が多いので朝一は特に集中してくださいね。全体ではハネ41ー57cmを8尾。


3月25日

東大阪市の森川さんが41ー57cmのハネを4尾と38cmのチヌを1尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:2.8m、ハリ:グレ5号、ハリス:1.5号、オモリ:0.8号、棚:5,5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日の釣果は開園1時間の間に集中しています。また釣れている人と釣れていない人がハッキリ分かれています。やはりその違いは誘いにあるのかと…喰いの良い時期なら普通にウキを流しているだけでもアタリはありますが、今の時期みたいに喰いが渋い時こそ小マメな誘いがアタリ回数の差として現れるのだと思います。全体ではハネ41ー57cmを合計9尾。チヌ38cmを合計1尾、ウミタナゴ22ー22cmを合計2尾。


3月24日

伊丹市の船木様が50cmのハネを1尾と22cmのタナゴ1尾を釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:4.5m、鈎:グレ5号、ハリス:1.5号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。船木様は先月のエビ撒き釣り講習会にも参加頂き最近熱心にエビ撒き釣りを勉強されているエビ撒き女子です。今までセイゴしか釣った事が無くハネを釣るために寒い日も頑張った努力が報われ、初のハネを釣りあげました!今までのセイゴとは違い50cmの引きに感激したことでしょう。次はさらにサイズUPの70cmオーバーのスズキを目指して下さい。全体ではハネ45ー50cmを5尾、ウミタナゴ18ー26cmを15尾。


3月23日

神戸市の祐村さんが44ー49cmハネを2尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.1m、ハリ:チヌ3号、ハリス:3号、オモリ:5号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日は久しぶりにチヌの姿を見ました。シラサのズボ釣りで1尾と岩ガニのヘチ釣りで1匹づつです。前打ちで何匹か釣れているところも見かけました。例年より遅れていたノッコミも、そろそろ本格インしそうですね。エビ撒きのハネは底から1mのタナで釣れていました。素バリが多いのは口の小さなウミタナゴが餌を突いているようです。全体ではハネ 42ー49cmを5尾、チヌ39ー49cmを2尾、ウミタナゴ20ー25cmを4尾。


3月22日

尼崎市の近藤さんが48ー49cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.7m、ハリ:チヌ4号、ハリス:3号、オモリ:5号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。お昼過ぎまでは小雨がパラついていたものの、その後は雨も止み風も穏やかで釣りやすい状況になっています。チヌハネ共にまだタナは深めでいいと思いますが最近同じタナにウミタナゴがいることからエサを突かれていつの間にか無くなっていることも…ウキ釣りの場合は打ち返しの際に刺餌の有無がわかりますがズボ釣りの場合は時々確認したほうがいいですね。全体ではハネ48ー49cmを合計2尾、ウミタナゴ23ー25cmを合計2尾。


3月21日

春分の日の今日は冬に逆戻りしたかの様な寒さと雨のせいで、釣り人が少なく釣果は無しでした。
只今開催中のチヌダービーですが、今年は異常にチヌが釣れず現在エントリーは1名。
お一人で3尾釣って3,350gの記録です。
これだけ釣れないと少し心配になってきました・・・まぁ終了まで残り1カ月以上あるので大丈夫とは思いますが、腕に自信のあるチヌ師の方は、是非尼崎にチヌを釣りに来てください!
今からでも上位入賞の可能性が十分あります!
チヌが釣れたらエントリーお願いします。


3月19日

西宮市の岡田さんが42cmのハネを1尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:3.9m、ハリ:活エビ8号、ハリス:1.5号、オモリ:0.8号、棚:4,5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き西側でした。今日は雨で釣り人は少ない分、場所は選び放題。エビ撒き以外では青イソメを餌にブッコミ釣りで25cmまでの海タナゴを2匹と22cmの良型ハゼが釣れていました。ただ、ウミウシに餌を齧られることも多いそうです。例年この時期あまり数は上がりませんが、虫餌で良型のアイナメが釣れることがありますので予備竿を一本出しておくといい事があるかも。全体ではハネ42cmを1尾、ウミタナゴ24ー25cmを2尾。


3月18日

尼崎市の安田さんが44ー51cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:活エビ8号、ハリス:2号、オモリ:1号、棚:5.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。今日は釣り場全体でアタリが少ない状況でしたがエビ撒き常連の方々ですら苦労されている中でお友達と釣りに来ていた桜ちゃんの竿の穂先が弓なりに曲がります!自身でやり取りした末に釣り上げたのは45cmの立派なハネでした!大人顔負けの小さな釣りガール!将来は名を馳せる釣り師になりそうな予感がします♪全体ではハネ 42ー51cmを4尾、チヌ36cmを1尾、ウミタナゴ18ー20cmを3尾。


3月17日

東大阪市の森川さんが61cmのスズキを1尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:2.6m、鈎:グレ6号、ハリス:1.3号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。最近は水温上昇とともに魚の釣れる棚も上がっていたのですが今日は釣果のほとんどが底でした。底でしか釣れない時は数が伸びません。時合らしいものも無く忘れたころに単発で釣れる感じです。それでも久々にスズキサイズがあがり、他にも大物のバラシもありこれから大物に期待です!今年は異常に釣れないチヌがようやく釣れました。チヌダービー登録第1号です!全体ではスズキ61cmを1尾、ハネ41ー56cmを5尾、チヌ 37ー45cmを2尾。


3月15日

伊丹市の白居さんが45ー56cmのハネを5尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:チヌ2号、ハリス:2号、オモリ0.3号、棚:4.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。気温計を見ると今日は22度まで上昇していました。ジャンバー姿で釣り場に降りたものの暑くて着てられない程でしたが昼以降は少しづつ風が強くなってきています。上潮が速くアッという間にウキが西から東へ流されていくので仕掛けを打ち返しが大変そう。今日のアタリ棚は少し浅目の4〜4.5ヒロで釣果の多くは中央に集中していました。全体ではハネ43ー56cmを合計8尾。


3月14日

大阪市の堀内さんが50ー53cmのハネを3尾釣りました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、鈎:グレ6号、ハリス:3号、オモリ:3号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東でした。今日はポカポカ陽気で絶好の釣り日和です。ただ、釣果の方はかなり厳しい状況で、釣果があったのは30人中2人だけ釣れたタイミングは速かった潮が緩んだ時でした。潮が速い時はあまりエビを撒かずに待機してる方がいいかも?もう少し我慢の釣りが続きそうです。最近釣れるハネのサイズは50cm前後がほとんどですが産卵直後とは違いビックリする程よく引くそうです!全体ではハネ45ー53cmを合計4尾。


3月12日

吹田市の荒木さんが45cmのハネを1尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:5.4m、ハリ:丸セイゴ13号、ハリス:3号、オモリ:5号、棚:4.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日は日差しがあって気持ちいいです。釣り場でボ〜っとしていると気持ち良くて眠り落ちそうになってしまいます。これで釣果が爆釣してくれれば言う事なしなのですがそう上手くはいかないものでして・・・アタリの数は少なく今日は多くてもハネ1匹づつの釣果しか確認出来ていません。全体ではハネ45ー49cmを合計4尾。


3月11日

茨木市の清水さんが52ー56cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:活エビ7号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。昨日は一日通してポツポツとアタリが有りましたが今日の釣果は殆ど午前中に偏っていました。釣れていたタナは底か底を少〜し切ったくらい。釣れている方は2ー3尾と複数匹釣れているのですが釣れていない人はアタリもないようです。見ている限り仕掛けに大した差はなくやはり小マメに誘いを入れているか否かが釣果の差として表れているように思われます。全体ではハネ45ー56cmを12尾、ウミタナゴ22cmを1尾。


3月10日

伊丹市の井上さんが50ー57cmのハネを6尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:1.7号、オモリ:1号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今朝は開始一投目からハネが釣れている人もおり幸先よいスタート。午後にかけても釣り場ではコンスタントに釣果は上がっており午後3時の時点で全体釣果は23尾と好調です。多い人では6尾の釣果を上げられた方もいました。タナは底〜7、5m、早アワせは掛かっても皮一枚という事が多いですが遅いと呑まれてしまうのでアワせるタイミングが難しいですね〜!全体ではハネ42ー58cmを20尾、チヌ39cmを1尾、セイゴ35cmを1尾、ウミタナゴ25cmを1尾。


3月8日

大阪市の水谷さんが45ー49cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、ハリ:活エビ8号、ハリス:3号、オモリ:6号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。当園でエビ撒きされる方の多くは内向き(北方向)で好んで釣りをされます。しかし今日は北からの風とあってズボ釣りでは穂先が常に風で動いていてアタリが判りずらい…魚の喰いが浅いこの時期では尚更です。そんな中で微妙に風とは違う穂先の動きを見極めて魚を取ることが出来るようになるには・・・やはり数をこなして経験を積む事ですね。全体ではハネ45ー49cmを2尾。


3月7日

神戸市の祐村さんが45ー54cmのハネを4尾釣りました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.1m、鈎:チヌ3号、ハリス:3号、オモリ:4号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日は北風が冷たく寒いです。それでも海の中は春らしくなり、この時期おなじみのクラゲが増えてきました。クラゲがラインに触ると食いの渋い時のアタリと似ているのでドキッとします。アタリの少ないこの時期にウキが沈んでクラゲだったらガクッときます。ただそんなアタリも本物の場合がありますので、きっちりアワセを入れて下さい。中途半端なアワセがバラシの原因になります。全体ではハネ41ー54cmを9尾。


3月5日

尼崎市の中内さんが50ー57cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:チヌ2号、ハリス:2号、オモリ:0.5号、棚:6,5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日の釣れているタナはほぼベタ底。当園は平均水10m近くありますので、タナが底のときには底撒きカゴを使ってピンポイントで撒餌を到達させる必要があります。この時期は必ず必要になりますので底撒きカゴの用意は忘れずに。またアタリの出方も小さいことが多いです。数少ない貴重なアタリを見落とさないように!全体ではハネ47ー57cmを合計7尾。


3月4日

尼崎市の中内さんが50ー57cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:チヌ2号、ハリス:2号、オモリ:0.5号、棚:6,5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日の釣れているタナはほぼベタ底。当園は平均水10m近くありますので、タナが底のときには底撒きカゴを使ってピンポイントで撒餌を到達させる必要があります。この時期は必ず必要になりますので底撒きカゴの用意は忘れずに。またアタリの出方も小さいことが多いです。数少ない貴重なアタリを見落とさないように!全体ではハネ47ー57cmを合計7尾。


3月3日

大阪市の明石さんが41ー49cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:5,5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日も魚の活性は渋め、朝から半日頑張ってアタリが大体2〜4回といった所でしょうか。アタリがあっても餌の喰いが浅いので素バリを引くことも多いです。日によって早アワセがいい時と遅アワセがいい時がありますが今日はウキがトップまで沈み、さらにもうひとつ沈んでからアワセるぐらいのタイミングで丁度良かったようです。全体ではハネ41ー52cmを合計8尾、ウミタナゴ20cmを合計1尾。


3月2日

大阪市の水谷さんが49cmのハネを1尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、ハリ:活エビ8号、ハリス:3号、オモリ:6号、棚:5,5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。昨日は終日閉園だったことからチヌダービーは今日からの開催となっています。釣れた方はぜひダービーに参加してくださいね。今日も釣果は決して良いとは言えずアタリもなく納竿される方も多くおられます。例年この時期は一番厳しい時期ではありますが反面餌釣りではサイズが期待できる時期でもあります。魚拓サイズを狙うなら今は外せないですね。全体ではハネ49cmを合計 1尾、セイゴ33cmを合計1尾。