2月28日

八幡市の山本さんが52ー53cmのハネを3尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、鈎:チヌ2号、ハリス:1.5号、オモリ:5B、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東でした。最近は少しウキを押さえる程度の細かいアタリが多くアワセを入れるも空振り、と言うシーンをよく見かけます。食い気の無い魚はエサが目の前にあってもなかなか食ってくれません。ただそのエサが飛び跳ねた瞬間に、リアクションで食うことが良くあるので誘いはこまめにまだまだ食いの渋い日が続きますので色々試してみてください。自分の考え通りに釣れると喜びは倍増です!全体ではハネ52ー53cmを3尾。

2月26日

神戸市の裕村さんが52ー53cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.1m、ハリ:チヌ3号、ハリス:3号、オモリ:5号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。誰か1人が釣れると大体同じタイミングで他の人にもアタリが来ることが多いです。所謂ジアイというやつですがこのジアイの時間は短いのでチャンスを逃さない様に釣れた人に積極的にタナを聞くなり釣り場スタッフに今釣れているタナを聞いてみてください。この時期アタリの数自体が少ない事から、自分ひとりで魚が居るタナを見つけるのは難しいものがあります。全体ではハネ52ー53cmを合計3尾。

2月25日

大阪市の明石さんがハネ58cmを釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:4.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日の釣果も厳しい結果でしたが、それでも9時半頃には数分間のプチ地合いがあり、そのタイミングで3人が同時に竿を曲げ、各々1尾ずつハネを釣られていました。半日粘りアタリが数回有る無しのこの時期ですから、数少ないアタリを確実にモノにする為には集中力が必要になります。少しでもアタリを増やせるよう必ず小マメな誘いを入れるようにしてくださいね。
全体ではハネ43ー58cmを5尾、チヌ51cm。

2月24日

大阪市の明石さんがハネ58cmを釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:4.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日の釣果も厳しい結果でしたが、それでも9時半頃には数分間のプチ地合いがあり、そのタイミングで3人が同時に竿を曲げ、各々1尾ずつハネを釣られていました。半日粘りアタリが数回有る無しのこの時期ですから、数少ないアタリを確実にモノにする為には集中力が必要になります。少しでもアタリを増やせるよう必ず小マメな誘いを入れるようにしてくださいね。
全体ではハネ43ー58cmを5尾、チヌ51cm。

2月23日

今日はあまり風のない穏やかな予報だったのですが昼過ぎには8〜10mの強い風が吹きはじめました。お日様は出ていても風のせいで肌寒く、釣り人には辛い状況となっています。そして釣果はそれ以上に厳しく、柱付近でタナ6mにセットしていたズボ竿にチヌらしきアタリが一度あっただけでした。

2月22日

交野市の兵頭さんが45cmのチヌを1尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:チヌ2号、ハリス:1.5号、オモリ:1.5号、棚:4ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日も風はなく、いいお天気!水温も8度半ばで安定しているのですがいかんせん釣果が芳しくありません。今日なんとか確認できた1尾は10m先にある浮き漁礁付近の中層を狙って釣れた良型のチヌでした。エサを一生懸命撒いても釣果がそれに伴わないこの時期・・・かといって撒かなければ話にもならない・・・厳しいですね。全体ではチヌ45cmを1尾。

2月21日

西宮市の岡本さんが50cmのハネを1尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、鈎:チヌ3号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:4ヒロ、エサ:シラサで場所は内向き中央でした。今日も厳しい状況です、昼過ぎまでは20人ほどの釣り人がいるのに竿は曲がらずアタリはたったの1回だけ。月曜同様今日も釣果無しかな?と思いましたが午後にようやく1尾!その後アタリが出だしましたが、ウキを少し押さえるだけのアタリがほとんどで早アワセをするとスバリ、待ちすぎるとエサを離してウキが浮いてくるといった感じでアワセをいれるタイミングが難しいです。全体ではハネ49ー50cmを2尾。

2月19日

ここ数日は厳しい釣果が続いています。今日も1〜2回アタリがあったと聞いただけで結果としては釣果ゼロでした。水温は8度前後と安定はしていますし潮も適度に動いてはいるのですが、いかんせん魚が口を使ってくれません・・・ちなみに昨日はお一人でハネを3尾釣られた方がいましたがタナは3.5ヒロとこの時期としては浅くセットし、釣り場に何か所か設置してある10m先の浮き漁礁に付いているハネのみに狙いを定めて見事仕留められたようです。寒いから深いタナと決めつけず色々と試行錯誤試してみる必要がありますね。

2月18日

堺市の水野さんが49cmのハネを1尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.4m、ハリ:カワハギ4号、ハリス:1号、オモリ:0.8号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き西側でした。昨日ほど厳しい状況ではありませんがアタリは依然少ないです。海中は見えないのであくまでも想像ですが…この時期魚はエビの姿を水中で見てるものの反応を示さずでもうまい具合に魚の鼻先にシラサが来たタイミングでエビが飛びハネたり誘いを掛けたりしたら反射的に喰い付く…と考えたらやはり元気なエビ&小マメな誘いは釣果アップには欠かせないかなと思います。全体ではハネ41ー56cmを合計4尾、チヌ30cmを合計1尾。

2月17日

今日は朝から強い風と波のうねりでウキ釣りでは終始釣り辛い状況。午後になると最大19mの強風が吹き、さすがに今日は釣り人の皆さん諦めて納竿され、本日の釣果はありませんでした。当釣り場は周囲に風を遮るものが何もない場所ですので市内街中よりも強い風が吹いていることが多いです。たとえばヤフー天気で尼崎市内が大体7mくらいの予報ならば尼崎魚つり公園では12ー15mで子供の入場制限が掛かるかどうかくらいの風速になっている事が多いと思ってください。

2月16日

大阪市の西方さんが51ー52cmのハネを2尾と47cmのチヌを1尾られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.3m、ハリ:8号、ハリス:1.5号、オモリ:1号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日は陽が差し風もなく波は穏やか。釣りをするにはもってこいの日です。とはいえ今日も魚の活性は高いとは言えません。とにかく餌さえ撒けば釣れるといったことはなく、エビを撒いた上で更に魚のスイッチが入ったタイミングに仕掛けが魚が居るタナで合っていれば・・・といった感じでしょうか。全体ではハネ41ー52cmを4尾、チヌ46ー47cmを2尾。

2月15日

大阪市の関田さんが51ー56cmのハネを2尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、鈎:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:1号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。開園から約2時間近く誰の竿も曲がらず昨日のハネ21尾がウソのようです。しかも時合いは9時頃の一時のみで、それ以外はアタリすら無し。昨日の様に針ハズレやバラシも無く釣り場は静まり返っております。釣り人としては昨日より今日の方が風もなく釣り易いのですが・・・この季節の釣りはムラがありますね〜!ただ釣れるハネは型揃いですので、魚の引きは堪能できますよ!全体ではハネ45ー56cmを6尾、チヌ35cmを1尾。

2月14日

伊丹市の井上さんが42ー52 cmのハネを8尾釣りました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、鈎:グレ6号、ハリス:1.7号、オモリ:0.8号、棚:5.5ヒロ、エサ:シラサで場所は内向き中央でした。冬〜春のエビ撒き釣りは1年で最も難しい季節。理由はまず第一に当たる棚が深い、そして魚の動きが鈍くエサを食い込んでくれない。今日もその影響か?針ハズレや素バリが多数発生アタリがあっても即アワセせず一呼吸おいてからが良い様です。それと深棚攻略には底撒きが必要です。底撒きの仕方はHPトップの下段その他お役立ち情報リンクから「エビ撒きつり」ご覧下さい。全体ではハネ41ー55cmを21尾、チヌ36cmを1尾。

 

2月12日

伊丹市の伊地知さんがハネ51cmを釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5.2m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。
今朝も温度が上がらず肌寒い一日。風も強いせいで体感温度は低いです。そんな厳しい寒さもあってか祝日ながら来園者は、平日並みかそれ以下の人数しか居ません。加えて底潮は動かず上潮は飛んでる2枚潮・・・。魚の活性も低いようで、本日ハネの姿を確認できたのは、2尾だけでした。
全体ではハネ45ー51cmを2尾。


2月11日

大阪市の平山さんがハネ45ー53cmを4尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き西側でした。
予報通り今日は強風ですがお昼以降は15mを超えるかなり強い風となっており、中学生以下のお子様は入場を規制しています。
午前中ハネが釣れていたのは5.5ヒロ〜底付近でしたが、午後10時半頃には3.5ヒロでまとまって釣れる時間も有りました。
最近、食いが浅く皮一枚で針掛かりしている事も多いので、魚を浮かせるまでは慎重にやり取りしてくださいね。
全体では スズキ66cmを1尾、ハネ41-56cmを12尾、セイゴ30cmを1尾、チヌ40cmを1尾。


2月10日

明石市の松原さんが51cmのハネを1尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ7号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。せっかくの週末なのに今日は朝から雨模様。そんな中、数名の方が雨合羽を着込んでエビ撒き釣りでハネ狙いをされています。しかし昨日に続いて今日も魚の活性は低いままのようでなかなか餌に喰い付いてくれず。また喰いも浅くエビの尻尾だけを咥えているのか、アタリをアワせてみても素バリ、ハリ外れが多かったようです。全体ではハネ45ー53cmを4尾。


2月9日

尼崎市の片山さんが45ー50cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、ハリ:グレ6号、ハリス:4号、オモリ:5号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。朝からずっと風はなく天気もよくて波は穏やか。釣り人にとっては最高の釣り日和と言っていいのですが魚にとってはどうも違うようで今日はかなり渋い状況と言っていいです。魚は必ず釣り場に居るはずですから皆さん撒き餌をし手を変え品を変えあれこれ試してはみたものの魚のスイッチは中々入らなかったようでアタリがなかった人も多数おられました。全体ではハネ44ー54cmを合計5尾、セイゴ40cmを合計1尾。


2月8日

大阪市の明石さんが45ー51cmのハネを5尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。昨日は一日通して魚の喰いが悪かったのが今朝は一転して朝から活性が高かったようでウキ釣りでお昼までに1人でハネを5ー6尾釣れている人が何人か見られます。また最近は中央〜東寄りでアタリが多い様子。ズボ釣りよりも、餌を潮にのせて自然に漂わせられるウキ釣りのほうが餌への反応が良いようです。全体ではスズキ60cmを合計1尾、ハネ45ー58cmを合計19尾、セイゴ31cmを合計1尾。


2月7日

大阪市の林さんが57cmのハネを1尾釣りました。釣り方:ズボ釣り、竿:1.8m、鈎:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:1号、棚:5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き西側でした。朝から風が強く吹きアタリを取るのが困難な状況です。そのため開園からしばらく釣果が無く皆さん諦めモードのなか、昼前にようやくハネがあがりました。それまでは針掛かりはしないものの、アタリは何度かあったそうです。やはり水温低下の影響で食いが渋くなっているのでしょうか?全体ではハネ57cmを1尾、セイゴ37cmを1尾。


2月5日

尼崎市の藤原さんが41ー47cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:4.6m、ハリ:活エビ6号、ハリス:1.5号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。昨日に続いて今日も朝から強い風が吹いています。時間と共に風は強くなってきて現在13〜16mの強風。釣り場にいるだけでも足先が冷えて痛くなってきます。この風と波のうねりのせいでアタリは相当取りにくそうですがウキ釣り、ズボ釣りともにエビ撒きベタ底狙いでハネとチヌの釣果がありました。全体ではハネ41ー50cmを3尾、チヌ35cmを1尾。


2月4日

宝塚市の上山さんが43ー54cmのハネを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:3.6m、ハリ:ハネ専用10号、ハリス:1,5号、オモリ:0.8号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。開園すぐはマシだった風は時間が経つごとに強風になってゆき10時頃には13mを超えた為に小学生以下は入場制限が掛かりました。そんな強風の中では魚のアタリを取るのも難しく今日は釣果があまり伸びませんでしたね。明日も強風予報となっています。入場制限が掛かっていないかを確認してからご来園くださる様お願いします。全体ではハネ42ー57cmを8尾、セイゴ31ー38cmを2尾。


2月3日

茨木市の星加さんがハネ46ー52cmを4尾釣りました。
釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:1号、棚:6ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。
今朝は久しぶりにエビ撒き釣りでスズキクラスが上がっていました。しかも2尾!
ハネに続いて小魚を捕食していたスズキもやっとシラサエビに反応しだしたようです。これからが楽しみですね〜!
今日は昨日に比べてアタリは少な目でした。
タナも昨日は4ヒロ前後だったのが今日釣れているのは6ヒロとほぼ底近くでした。
全体ではスズキ61ー62cmを2尾、ハネ45ー57cmを21尾、セイゴ20ー38cmを7尾、チヌ44cm。


2月2日

大阪市の加古さんが42ー55cmのハネを9尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、ハリ:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:0.8号 棚:4ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。今日の釣り場は朝から霧に包まれいつもとは違った。雰囲気を醸し出していました。 で、釣果はと言えば今日も変わらず好調続き。 掛かれば50cmオーバーのハネが多く魚体のコンディションも 良いので強いヒキが楽しめます。 また釣り場の柱にはチヌが着いているので。 チヌ狙いの人なら柱周りは外せないポイントですよ。全体ではハネ42ー55cmを25尾、 チヌ38ー51cmを5尾、ウミタナゴ20ー27cmを2尾。


2月1日

京都市の山本さんが41ー49cmのハネを3尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:4.6m、ハリ:活エビ1号、ハリス:2号、オモリ:0.5号、棚:4ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。予報通り今日は天気が悪いです。水温はここ数日安定しており9度前後をキープ。この時期釣れる魚といえばハネかチヌのみと言っていいかと。なので昼間はやはりシラサエビ、夕方や早朝なら虫餌を使うのが釣果が上がると思われます。時折サビキ仕掛けを持って来園されるお客様もおられますがサビキで釣れる魚は早くとも5月以後だと思ってください。全体ではハネ41ー49cmを5尾、チヌ42cmを1尾。