9月20日

箕面市の谷川さんが40ー55cmのハネを4尾と30cmのチヌを1尾釣りました。釣り方:ズボ釣り、竿:2.4m、鈎:グレ6号、ハリス:4号、棚:2.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。台風による濁りがまだ残っていますが、この濁りが魚の警戒心を緩ませるようでお昼までにハネ5尾、チヌ9尾の釣果を確認。サビキは今日も朝からよく釣れていましたが10時頃には大きな群れが離れたようでその後はポツリポツリと釣れている程度です。全体ではイワシ9−16cmを2000尾、イワシ9ー16cmを20ー40尾、サバ20ー27cmを500尾、サバ20ー27cmを10ー15尾、アジ12ー15cmを400尾、サッパ12ー18cmを150尾、サヨリ15ー26cmを150尾、サンバソウ14ー17cmを25尾、セイゴ30ー38cmを3尾、ハネ48ー55cmを5尾、チヌ30ー40cmを9尾。


9月18日

大阪市の竹原さんらが2人がイワシ7ー12cmを300尾とアジ13ー16cmを50尾釣られました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.1m、鈎:ピンク3号、棚:4ヒロ、エサ:シラサエビで場所は外向き西側でした。台風通過後、朝からイワシは釣れ続き、午前中少し大きくなったアジの回遊がありました。また今日はコハダが多く釣れています。サヨリ、サンバソウが今日は不発でしたが、代わりに30cmのグレがサンバソウ狙いの方に釣れていました。またサビキでは46cmの良型チヌも!売店オリジナルサビキが太ハリス仕様だからこそ取れた1尾ですね!全体では イワシ7ー17cmを9999尾、アジ13ー16cmを2000尾、サバ20ー25cmを800尾、サッパ14ー17cmを200尾、コノシロ18ー29cmを600尾、チヌ46cmを1尾、グレ30cmを1尾。


9月16日

大和郡山市の平木さんら2人が44ー46cmのハネを3尾釣りました。釣り方:エビ撒きウキ釣り、竿:5.3m、鈎:グレ6号、ハリス:1.75号、錘:0.8号 棚:2.5ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き中央でした。朝から雨風が強いせいで来園者はまばらですが相変わらずイワシは好調で、竿さえ出せばあとは勝手に魚が針に掛かってくれる状況です。風が強いせいでさすがに今日はサヨリは無理でしたね。エビ撒きでは午前中の早い時間にハネがまとまって3尾上がりました。本日は台風の接近に伴い、午前中までの営業となりました。ハネ44ー46cmを3尾、イワシ7ー14cmを1000尾、アジ 9−11cmを50尾。


9月15日

枚方市の原田さんが17ー30cmのサヨリを100尾釣りました。釣り方:連玉ウキ釣り、竿:5m、鈎:サヨリ4号、棚:表層、エサ:紅イカで場所は外向き中央でした。釣り場のリニューアル以降、サビキの釣果は釣れなかったりする日もありましたが、サヨリだけはずっと安定して釣れ続けています。サイズも大きくなってきているのでお勧めですよ。台風の接近に伴い、明日16日の営業はお昼まで。17日は終日閉園とさせていただきます。18日は状況によって開園時間が遅れる場合もあります。全体ではイワシ7ー17cmを1100尾、アジ8ー15cmを600尾、サッパ10ー15cmを300尾、サバ14ー20cmを100尾、ウミタナゴ21cmを1尾、サンバソウを12ー15cmを40尾、サヨリ17ー30cmを500尾。


9月14日

三島郡の釜平さんが22ー33cmのチヌを8尾釣りました。 釣り方:フカセ釣り、竿:5.3m、錘:1.25号、鈎:チヌ1号、棚:2ヒロ、エサ:オキアミ・コーンで場所は外向き西側でした。連日絶好調のサヨリ。少しづつ大きくなってきている。サヨリを狙って多くのサヨリストが今日も竿を出しています。またノマセ釣りではサビキで釣ったアジやイワシを泳がせて午前中だけで60cmオーバーのスズキクラスを3尾釣り上げていました。フカセ釣りも好調で、多い人でチヌを8尾とこちらもおすすめです。全体ではイワシ7ー17cmを1000尾、サッパ 10ー15cmを100尾、サバ 18ー25cmを80尾、アジ 8ー15cmを50尾、サヨリ 17ー25cmを370尾、チヌ 22ー35cmを11尾、ハネ 42cmを1尾、セイゴ 22ー38cmを2尾、サンバソウ13ー15cmを12尾、ガシラ 14ー15cmを3尾、スズキ 60ー67cmを3尾。


9月13日

大阪市の加古さんが41ー57cmのハネを3尾と30−36cmのチヌを2尾釣られました。釣り方:ウキ釣り、竿:5m、鈎:グレ6号、ハリス:2号、オモリ:1.5号、棚:3ヒロ、エサ:シラサエビで場所は内向き東側でした。昨日の雨の影響で海水はコーヒー色に濁っています。その影響でしょうか?サビキで釣れる魚が全くダメでした。濁りを好む魚と言えばやっぱりチヌです!今日はエビ撒き、落とし込みに加えてサビキでもチヌが良く釣れていました!サビキ釣りは例年12月初め頃まで楽しめますので、また次の回遊に期待しましょう!全体ではハネ 41ー57cm3尾、チヌ 27ー47cmを15尾、セイゴ 27ー29cmを7尾、グレ 31cmを1尾、ガシラ 13ー17cmを4尾、サンバソウ 10ー15cmを30尾、サヨリ 18ー23cmを200尾、アジ 8ー15cmを120尾、イワシ 7ー17cmを400尾、サッパ 10ー15cmを200尾。


9月10日

伊丹市の小林さんら2人が7ー17cmのイワシを60尾と8ー15cmのアジを15尾釣られました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.1m、鈎:ピンク3号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今日は朝から入場制限が掛かるほどの混雑っぷりでしたが、人数の割に午前中は釣果が伸び悩んでいました。午後2時半頃になってカタクチイワシの群れを追いかけてサバも回遊してきたようで、あちこちで竿を曲げている姿が見られました。とはいえ群れは小さいようで、昨日のような長時間釣れ続けとはいかなかったようです。全体ではイワシ7ー17cmを3000尾、サバ17ー28cmを600尾、サッパ10ー15cmを350尾、マメアジ8ー15cmを70尾、キビレ30cmを1尾、チヌ47cmを1尾、サンバソウ10ー15cmを60尾、サヨリ17ー26cmを400尾。

 

9月9日

宇治市の田中さんら3人が8ー17cmのイワシを35尾と8ー15cmのアジを25尾釣られました。棚:2ヒロ、エサ:アミエビで、場所は外向き西側でした。今日は入場者数の割に釣果がパッとしなかった午前中でしたが、午後から状況が一転、沖向きでは17cm程の丸々としたマイワシや、28cmはあるようなサバが2連、3連でサビキに掛かり釣り場は大賑わい!浅いタナを泳いでいるので魚が仕掛けに掛かる瞬間もよく見えていました。普段は朝よりも釣果が落ちる午後からですが今日は逆でした。全体でではイワシ7ー17cmを3500尾、サバ17ー28cmを1600尾、マメアジ8ー15cmを300尾、サッパ 10ー15cmを100尾、チヌ 25cmを1尾、サヨリ18ー32cmを300尾、サンバソウ13ー18cmを50尾。


9月8日

小野市の市橋様が6ー12cmのイワシを80尾と8ー15cmのアジを20尾釣られました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.65m、鈎:ピンク5号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。サビキのお客様から「どこが釣れますか?」とよく聞かれます。正直、西も東も関係ない事が多く、肝心なのは回りに人の居ない所で1人で釣るのが一番良くないという事。サビキ釣りは撒餌のアミエビで回遊魚を足止めして釣るやり方ですので沢山の人が餌を撒いている場所が一番釣れる場所。サビキの人が多く隣に入っても邪魔にならない所を探してください。全体では、イワシ 6ー12cmを2000尾、マメアジ8ー15cmを450尾、サバ17ー23cmを250尾、サッパ10ー15 cmを150尾、チヌ 20ー46cmを6尾、キビレ45cm を1尾、ハネ 46cmを1尾、サヨリ 18ー25cmを300尾、サンバソウ 15ー18cmを40尾。


9月7日

東大阪市の古賀さんが10ー15cmイワシを70尾と8ー15cmのアジを50尾釣られました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.4m、鈎:ピンク2号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今日は雨予報でしたが、11時前に突然の激しい雷雨!釣りをしていたお客様には急遽管理棟に退避してもらう事となり1時間半程で再開となりました。釣果は雨でも変わらず好調。ビキ釣りだけでもアジ、サッパ、カタクチイワシ、ウルメイワシ、マイワシ、サバ、サンバソウ、チヌ、ウミタナゴ、サヨリと多様な魚が釣れていますよ。全体ではイワシ10ー15cmを400尾、サッパ10ー15cmを200尾、マメアジ8ー15cmを300尾、ウミタナゴ20ー24cmを2尾、サンバソウ12ー14cmを3尾、チヌ30cmを1尾、サヨリ18ー25cmを100尾。


9月6日

尼崎市の横山さんが8ー18cmのイワシを120尾と15ー23cmのサバを25尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.4m、鈎:ピンク3号、棚:1ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。休園日後の魚つり公園は相変わらず好調が続いています。今日も朝からウルメ・マイワシは入れ喰い状態。サヨリも少し投げれば着水と同時に餌に飛びついてくるほど食い気の高い群れが集まっています。ただ、午後から夕方にかけては釣果が落ちてくる事が多いので沢山釣りたいなら早起きするのがいいです。全体ではイワシ 10ー18cm を2000尾、マメアジ 8ー15cmを600尾、サバ 13ー15cmを200尾、サッパ 10ー15cmを200尾、ウミタナゴ 25cmを1尾、チヌ 33cm1尾、サンバソウ 13ー15cmを13尾、セイゴ 17ー25cmを15尾、サヨリ 18ー25cmを400尾。


9月4日

尼崎市の広瀬さんが8ー14cmのイワシを100尾と9ー14cmのアジを30尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:3.6m、鈎:ピンク4号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。先日回遊してきたウルメイワシに続き、今日は午後から15cm程度のマイワシの姿も確認。魚種や釣果が賑やかになってきますね。サヨリは小型に混じって30cmを超える大物も見られ 今日は33cmと連日大物サイズが更新されています。サンバソウは柱回りのタナ1mでアタリ連発しています。全体ではイワシ 7ー14cmを3000尾、マメアジ 8ー15cmを500尾、サバ 13ー25cmを400尾、サッパ 10ー15cmを400尾、サヨリ 18ー33cmを300尾、チヌ 25ー38cmを3尾、サンバソウ 15ー18cmを50尾、イシガキダイ 14cmを1尾。


9月3日

枚方市の黒坂さんら3人が7ー14cmのイワシを100尾と13ー27cmのサバを30尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.8m、鈎:ピンク3号、棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は内向き西側でした。今日のサビキは大半がイワシ。時折サバが掛かって大きく竿を曲げています。サヨリ釣りでエサのオキアミを1尾そのまま付けている人が多くいます。サヨリのサイズが小さいので半分か3分の1程度にしてつけてください。また掛かっても竿を煽って口に針掛かりさせるアワセを入れない人が多くそのせいで、巻いてる途中で魚が外れてしまう事が多いです。全体ではイワシ 7−14cmを8000尾、サバ 13ー27cmを3000尾、サッパ 10ー15cmを300尾、マメアジ 8−15cmを400尾、サヨリ 18ー31cmを400尾、チヌ 24ー26cmを3尾、サンバソウ 13ー18cmを10尾。


9月2日

寝屋川市の安尾さんら3人が8ー15cmのアジを25尾と8ー15cmのイワシを40尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:1.65m、鈎:ピンク3号、棚:6ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。今日は朝からサヨリが釣れ続いていますね〜!足元にアミエビを撒いてサビキ仕掛けを落として数釣りしている人も見かけます。また名人に話を伺うと、サンバソウは石ゴカイを餌にタナは1m、小さい針(ハゲ3号〜)を使って柱回りに落とせばいくらでも釣れるそうですよ。全体ではイワシ7ー14cmを5000尾、サバ 13ー27cmを2800尾、マメアジ 8ー15cmを500尾、サッパ 10ー15cmを500尾、サヨリ 18ー30cmを1250尾、サンバソウ 12ー15cmを7尾。


9月1日

尼崎市の日高さんが最大25cmのサバを10尾と10ー15cmのアジを15尾釣りました。釣り方:サビキ釣り、竿:2.4m、鈎:ピンク4号棚:2ヒロ、エサ:アミエビで場所は外向き西側でした。朝晩がかなり涼しくなり、釣れる魚種も一番多くなるこの時期、釣りするには一番いい季節と言えます。リニューアル後から回遊していたカタクチイワシですが、昨日の夕方からカタクチに混じって回遊してきたのはウルメイワシ。本日もカタクチとウルメイワシ両方釣れています。カタクチよりも身がプリプリして、こちらも美味しい魚ですよ!
全体ではイワシ7ー14cmを1500尾、マメアジ8ー15cmを500尾、サバ13ー23cmを400尾、サッパ10ー15cmを150尾、サンバソウ13ー15cmを6尾、サヨリ17ー25cmを200尾。